神畑養魚はあらゆる生体や観賞魚用品を扱う世界のブランドです

KAMIHATA FISH INDUSTRY GROUP

製品情報殺菌灯

MENU

検索

新製品

リオプロップ UV 7W 水中殺菌灯

推奨環境
  • 海水魚用
  • 淡水魚用
  • リオプロップ UV 7W 水中殺菌灯
  • リオプロップ UV 7W パッケージ
  • リオプロップ UV 7W 本体
  • リオプロップ UV 7W 内容
  • リオプロップ UV 7W 配線イメージ
  • リオプロップ UV 7W 効果1
  • リオプロップ UV 7W 効果2
  • リオプロップ UV 7W 効果3
  • リオプロップ UV 7W 特徴1
  • リオプロップ UV 7W 特徴2

ポンプと殺菌灯が一体化。病気リスクの低減、アオコ、白濁りの除去に。

ポンプと殺菌灯が一体化。ホース配管不要で簡単に設置できます。
飼育水中の細菌、真菌、寄生虫などを殺菌・駆除。※50Hz(東日本用)、60Hz(西日本用)で仕様が異なります。

製品の特徴

  • 高い殺菌力&有機物分解性能を発揮する3つの工夫
    工夫①容量を大きくし、紫外線照射時間が長くとれる構造になっています。
    工夫1
    工夫②大流量ポンプが通水量を上げ、トータルで高い殺菌力を発揮します。
    工夫2
    工夫③ハウジング内部にステンレス反射板を採用し、紫外線利用率を高めています。
    工夫3
  • ポンプと殺菌灯の同軸一体化により配管不要で簡単に設置可能。
    水中内でコンパクトに設置できます。
  • 幅広の吐出口で、大流量ながらゆるやかな水流です。

  • ポンプと殺菌灯の電源を1つのコンセントにまとめた2 in 1電源アダプター採用。
  • 淡水/海水両用

効果

飼育水中の細菌、真菌、寄生虫などを殺菌・駆除し病気リスクを低減します。

  • 対照区

    対照区

  • RioUV 7W設置

    RioUV 7W設置

他製品との比較① ワンパスによる殺菌効果(生菌数)
試験日時
2020年3月
試験実施者
当社(50Hz環境)
試験方法
  1. 汚れた飼育水(※)を各殺菌灯を1度だけ通過させ(ワンパス)、殺菌を行う。

    水量600Lに底面フィルターを設置し、ピンポンパール約150匹を飼育している飼育水

  2. 通過後の水を10倍に希釈しペトリフィルム培地に塗布して培養
  3. コロニー生成後の生菌数を計測
試験方法

ワンパスでの生菌数(ペトリフィルム)

  • 他社様製品A(10倍希釈)

    他社様製品A
    (10倍希釈)

  • TTZ9W&Rio+600(10倍希釈)

    TTZ9W&Rio+600
    (10倍希釈)

  • RioPropUV 7W(10倍希釈)

    RioPropUV 7W
    (10倍希釈)

※油性ペンでフィルム越しにコロニーに目印をつけています。

生菌数と殺菌率の比較
商品 ランプ消費電力 ポンプ 流量
(実測値)
1CCあたりの生菌数 殺菌率
(%)
対照区
(殺菌なし)
5600
他社様製品A 9W 一体型 1.5L/min 320 94.3%
ターボツイストZ 9W リオプラス600 6.3L/min 40 99.3%
リオプロップUV(本品) 7W 一体型 7.5L/min 30 99.5%
1CCあたり生菌数の比較(グラフ)

1CCあたり生菌数の比較(グラフ)

本体に飼育水を1度だけ通過させるワンパス試験において、リオプロップUV(本製品)がもっとも高い殺菌効果を発揮しました。

本試験は当社内で行った試験結果を記載しています。
必ず同じ結果になることを保証するものではありません

アオコの除去、コケ発生の抑制。

比較② アオコ除去試験
試験日時
2022年11月
試験実施者
当社(50Hz環境)
試験環境
殺菌灯 左
他社様製品A 9W(ポンプ一体型)、右:リオプロップUV7W
水槽サイズ
W60×D30×H36cm、水量約57L
水温
約26℃
照明
同一照明を8.5時間/日照射
フィルター
同一の外掛式フィルターを使用
試験方法
  1. アオコの発生した飼育水を左右2水槽に分けて入れ、照明・ろ過フィルターを設置。
  2. 両殺菌灯を点灯させ、アオコが除去される様子を観察。
結果
スタート時
スタート時
1日後
1日後
2日後
2日後
3日後
3日後
6日後
6日後
7日後
7日後
8日後
8日後

この後、左の他社様製品Aを設置している水槽も、10日前後で概ね透明な水になりました。

リオプロップUV 7Wは、アオコ除去においても高い効果を発揮し、効率よくアオコを除去することがわかりました。

本試験は当社内で行った試験結果を記載しています。
必ず同じ結果になることを保証するものではありません

白濁除去。透明度の高い輝く水づくりに。

  • before
  • after

イメージ図。本製品によって飼育水が完全な無菌状態になったり、アオコや白濁が100%除去できるものではありません。飼育環境によって効能、効果が変わります。

設置イメージ

水槽内に縦置き、横置きの両方が可能です。

  • 立てて設置する場合

    立てて設置する場合

  • 横にして設置する場合

    横にして設置する場合

UVハウジングを回転させて、吐出口の方向を変えられます。水流が強いと感じるときは、吐出口を水槽壁面に向け、水流を水槽壁面に当てて水槽内の水流を弱めてください。

製品仕様

用途観賞魚水槽用殺菌灯
機種名Rio PROP(リオ プロップ)UV7W 水中殺菌灯
本体サイズ約直径80×高さ220mm
重量約590g
コード長約 1.8m
製品トータルでの定格消費電力約12W
材質ABS等
原産国台湾

UV放電管ユニット

定格電圧AC 100V
定格周波数50Hz/60Hz (共用)
定格消費電力7W
UV放電管寿命約8000時間

ポンプユニット

定格電圧AC 100V
定格周波数50Hz 60Hz
定格消費電力4W4.5W
通水量約450L/h約500L/h
適合水量最大約200L(目安)
適合水温範囲10~35℃
  • 本製品は周波数(Hz)別に製造されています。 ご購入の際は周波数(Hz)をご確認ください。
  • 本製品に含まれるポンプは耐紫外線樹脂を使用した専用品です。既存製品のリオプロップ1000は使用できません。

!

警告(失明、視力低下の恐れあり)

UV放電管から照射される紫外線は目や皮膚に有害です。UV放電管の光を直視したり、皮膚に近づけないでください。交換、点検の際は、必ず2 in 1 電源アダプターの電源プラグをコンセントから抜き、通電を停止させた状態でおこなってください。

製品価格

  • リオプロップUV 7W 水中殺菌灯 (50Hz)

    リオプロップUV 7W 水中殺菌灯 (50Hz)

    税抜価格:オープン

    • 商品コード:592250
    • JANコード:4711027981017
  • リオプロップUV 7W 水中殺菌灯 (60Hz)

    リオプロップUV 7W 水中殺菌灯 (60Hz)

    税抜価格:オープン

    • 商品コード:592251
    • JANコード:4711027981024

殺菌灯 製品一覧に戻る

この製品に関連するよくある質問

何リットルの水槽まで対応できますか?
水中の病原細菌(=病原バクテリア)および有機物分解促進目的では上限約200L水槽程度が目安です。ただし生体飼育密度の大きな水槽では、本品を複数使用するか、より高出力の殺菌灯の使用をお勧めします。
浮遊藻類(アオコ)を駆除する場合は、細菌に比べて倍化時間(増殖にかかる時間)が長いため、より大きな水量にも対応可能です。弊社試験では水量1000ℓ、ろ過装置なし、別のポンプによる攪拌、1日20時間照明の条件下で本品を使用し、アオコ駆除を確認しております。
UV放電管ユニットの交換時期はいつですか?
約8000時間を目安に新しいものと交換してください。
殺菌灯を使用中の水槽内に薬品を入れても問題ありませんか?
薬の成分によっては効果が著しく低下たり、化学変化を起こし魚などに有害な物質が発生する恐れがあります。薬品を使用する場合は、本品の使用を休止してください。
ろ過バクテリアに影響はありませんか?
安定した水槽の場合、ろ過バクテリアはすでにろ材に定着しており、殺菌灯内を通過しないので影響はありません。しかし、新しいろ材を使用する場合、ろ材にろ過バクテリアが定着するまでの時間(淡水では3-4週間、海水では9~10週間)は殺菌灯の使用を控えたほうが早く水質が安定します。市販の液体ろ過バクテリアを使用する際は、添加したバクテリアはろ材に定着するまで、しばらく(数日間)本品の使用を控えることをお勧めいたします。
プロテインスキマーと併用したほうが効果はありますか?
殺菌灯が殺菌したバクテリアの死骸、殺菌灯が分解しにくい高分子の有機物をプロテインスキマーは効果的に除去できますので、両者の併用は一層効果的です。
無脊椎動物に影響はありませんか?
殺菌灯は本体内に流れている水に紫外線を照射し殺菌します。紫外線が直接無脊椎動物を含むすべての生体に照射されることはありませんので問題ありません。
ただしサンゴに細菌を食べさせる飼育方法(バクテリオプランクトン法)を採用している水槽では、殺菌灯の使用が適さない場合があります。
タイマーを使用しても問題ありませんか?
タイマーに接続して使用することも可能です。ただし、頻繁にオンオフを繰り返す使用を続けると、ポンプユニットのインペラーやUV放電管のフィラメントなどに負担がかかり、両者の寿命に影響を与えるおそれがあります。
水質への影響はありますか?
有機物分解を促進するため、アンモニアの発生速度が速くなる可能性があります。また紫外線の特性上、硝酸を亜硝酸まで還元します。どちらも生物ろ過がしっかり立ち上がってくれば浄化されるため、生物ろ過が十分に立ち上がった後の水槽に本品を設置するか、生物ろ過が立ち上がるまでは換水頻度を増やしたり、生体を飼育する場合は少ない数量で飼育するとよいでしょう。

製品のサポート

全国販売店舗一覧

観賞魚に関連するさまざまな商品を取り扱っております。
日本全国の取り扱い店舗をご紹介いたします。

ダウンロードコーナー

各製品の取扱説明書、仕様書、カタログをダウンロードすることができます。
是非ご利用ください。

取扱い説明書・カタログをダウンロードする

カスタマーサポート

機能・性能の回復または復旧と維持を目的として、カミハタ製品の故障修理・点検を行っております。
是非ご活用くださいませ。

カミハタ製品の修理規定へ

TOP