神畑養魚はあらゆる生体や観賞魚用品を扱う世界のブランドです

KAMIHATA FISH INDUSTRY GROUP

よくある質問と回答

MENU

検索

CCL殺菌河童フィルターについてのよくある質問

お客さまより寄せられる「CCL殺菌河童フィルターについてのよくある質問」とその回答をまとめています。
お問い合わせいただく前にお問い合わせ内容と重複する質問がないかお確かめください。

紫外線そのものが弊害になることはありますか。
紫外線が外部に洩れることはありませんので、大丈夫です。また、殺菌灯ランプユニットを通過する水に紫外線照射しているので、紫外線が直接飼育生体にあたることはありません。
病気になっている魚がいますが、紫外線殺菌灯を取り付けることで、病気は治りますか。
紫外線殺菌灯は、循環水に対して殺菌効果を発揮するものです。病気になっている魚に照射するわけではないので、魚の病気が治ることはありません。ただし、水中感染する病原菌が原因の場合は、殺菌効果によって他の魚に感染する可能性を下げることが期待できます。
フィルター本体の底部からブルーの光が出ているが、その光を直接見ても大丈夫ですか。
はい、大丈夫です。殺菌作用のある紫外線は本体でさえぎられていますので、光を見ても問題ありません。また、皮膚などに悪影響を及ぼすものではありません。
水槽立ち上げ時から紫外線殺菌灯を点灯させても問題はありませんか。
水槽を立ち上げたばかりの時はバクテリアを添加する場合がありますが、そのバクテリアが濾材に定着する前の浮遊状態で殺菌灯を通過すると、殺菌されますので、せっかくのバクテリア添加の効果を損なうことになります。バクテリアが定着するまでの2~3週間ほど経過してから点灯させることをおすすめします。
有益なバクテリアまで殺菌してしまうのではないですか。
殺菌灯ランプユニットを通過すると、飼育水に含まれる有益なバクテリアも殺菌されます。濾過に役立つバクテリア(好気性バクテリア)は、主に濾材に棲みついています。水中を浮遊しているバクテリアはごく微量なので、それらの浮遊バクテリアが殺菌されてしまっても、濾過能力自体にはほとんど影響がありません。
アオコ除去にも効果がありますか。
水量や光量、水温にも関係ありますが、だいたい1週間以内に目に見える効果が表れてきます。
HPによるとアオコは1週間でかなりの効果を得ていますが、油膜はどうですか?
外掛け式フィルターですので、飼育水が循環する際に水槽にもどる水が水槽水面の油膜を巻きこむこと、および水中に巻き込まれた油膜が循環し、殺菌灯ランプユニットおよびフィルターカートリッジを通過することで除去効果が期待できます。
水槽についた緑色や茶色のコケはとれますか?
水槽壁面に付着したコケは殺菌灯ランプユニット内を通らないため効果がありませんが、水中を漂うコケの胞子は分解されますので、コケ増殖の抑制が期待できます。水槽壁面は定期的に磨いてください。
寄生虫も駆除出来ますか?
魚に寄生(付着)している場合には殺菌灯ランプユニットを通過しないため効果がありません。寄生虫が水槽内を漂っている段階(幼生時)で、殺菌灯内を通過すれば、駆除することが可能です。
魚病薬や駆虫剤と併用すると効果はあがりますか?
紫外線が薬品を分解し効果を低下させます。薬品をご使用の際は、殺菌灯ランプユニットの電源を切ってください。また、薬浴後、殺菌灯ランプユニットの点灯前には水換えを行なってください。
殺菌灯ランプユニットは常時点灯させておいた方が良いですか?
殺菌効果のある紫外線を消灯すると、抑制されていた飼育水中の菌数が増加します。病原菌などの増殖を抑えるため、殺菌灯ランプユニットは常時点灯をおすすめします。
循環経路を確認すると、ポンプから殺菌灯ランプユニットの途中で飼育水が漏れる穴が空いていますがなぜですか?
運転開始時など、製品の動作を円滑にするため、ポンプ部および殺菌灯ランプユニットをつなぐパイプに穴を設けた構造となっています。
飼育水を100%殺菌することは可能ですか?
殺菌灯ランプユニットを通過する飼育水においては限りなく100%に近い殺菌効果を得ていますが、製品の仕様上殺菌灯ランプユニットを通過しない飼育水が循環します。100%の殺菌はできませんが、殺菌灯ランプユニットを常時点灯させ、飼育水の循環を続けることで殺菌灯の効果を高めているものとご理解ください。
日々のメンテナンスはどのように行えば良いですか?
殺菌灯が点灯しているか、通水しているか、水漏れはないかといった目視で出来る確認を毎日行ってください。また、フィルターカートリッジの汚れ具合確認し、定期的に交換してください。
殺菌灯ランプユニットのガラスの内側に水滴が付着しているのですが問題ないですか?
紫外線ランプユニットは、防水加工されたランプと、ランプを衝撃から保護するガラス管で構成されています。温度変化によりガラス管の内側に結露することがありますが、ランプに影響はありません。
殺菌灯のランプ交換は可能ですか?
ランプは電源と一体のユニットとなっておりランプのみの交換はできません。

製品に関するお問合せ先

〒670-0073
兵庫県姫路市御立中3-3-20
神畑養魚(株)姫路支店 用品課
「カミハタ カスタマーサポート」
079-297-5420受付時間:土、日、祝日を除く午前9時から午後5時まで

弊社ホームページ上からメールによるお問い合わせは受け付けておりませんのでご了承ください。

製品のサポート

全国販売店舗一覧

観賞魚に関連するさまざまな商品を取り扱っております。
日本全国の取り扱い店舗をご紹介いたします。

ダウンロードコーナー

各製品の取扱説明書、仕様書、カタログをダウンロードすることができます。
是非ご利用ください。

取扱い説明書・カタログをダウンロードする

カスタマーサポート

機能・性能の回復または復旧と維持を目的として、カミハタ製品の故障修理・点検を行っております。
是非ご活用くださいませ。

カミハタ製品の修理規定へ

TOP