淡水魚用品

水草の島

水草の島
イメージを拡大する

水草の島

  • 水草用

メダカ鉢や水槽で、より自由にレイアウトを楽しめます。

ページ最上部に戻る

製品の特徴

多くの水草は、水中だけでなく水上の環境にも適応し成長することができます。
水中と水上では光や空気などの環境が異なるため、水上の水草は、葉や茎の形、大きさ、固さなどを環境に適応させた「水上葉」と呼ばれる状態で成長します。
また、水上は水中に比べて光があたりやすく、コケが生えにくいため、多くの種類の水草が、水中よりも育成しやすくなります。

「水草の島」は、網目状のプレートに好きな水草を置き、高さを調節して水面近くに設置することができる商品です。
水面近くで育成すると、水中だけでなく、空中へも立体的に水草が成長し、ビオトープやテラリウムの雰囲気を創ることができます。
プレートに水草を置き、高さを調節するだけですが、いろいろな種類の水草を組み合わせるなど、工夫次第で様々なレイアウトを楽しむことができます。

見慣れたいつものメダカ鉢を、「水草の島」で新しい雰囲気に変えてみませんか。

水草の島使用例

▼特徴

高さを調整してレイアウト

  • 水位にあわせて4段階の高さ調節が可能。メダカ鉢や水槽などに設置できます。
  • 好きな水草を選んで自由に配置できます。
  • プレートは、根が張りやすく、水の通りが良い網目状構造です。
  • 水上への立体的なレイアウトが可能になります。また、メダカ飼育においては、育った水草の根が水中に伸びることにより、メダカの産卵床にもなります。
  • 商品イメージ、使用イメージ

    商品イメージ

    使用イメージ

  • 使用例(メダカ鉢)

    使用例(メダカ鉢)

  • 使用例(深さのあるメダカ鉢)

    使用例(深さのあるメダカ鉢)

  • 使用例(水槽)

    使用例(水槽)

  • 使用例(水槽)

    使用例(水槽)

▼使用方法

  1. 好きな高さに組み立てる

    好きな高さに組み立てる
  2. 水草を選ぶ

  3. 自由に配置する

    自由に配置する
  4. 明るい場所で育成する

    太陽光で
    水槽用照明で

水草は、水上育成可能な種類をお選びください。例えばアマゾンチドメやオーストラリアン ハイドロコタイルなどがおすすめですが、寄せ植えとして販売されているものも適しています。水草の中には水上で育てにくい種類もありますので、購入する前に必ずお店で確認してください。

屋内・屋外共に直射日光が強く当たる場所や、水温が上がりすぎるような環境は避けてください。

▼セットについて

水位(重要)

「水草の島」を使用する際の適正水位は、最低10cm(支柱1本使用)〜最高27cm(支柱4本使用)程度です。
プレートの位置は、支柱の数を調節して水草の根が水に浸かるようにセットし、常にその状態を保つよう、蒸発したら水を足して水位を維持してください。
蒸発しやすく、すぐに水位が下がってしまうような場合は、支柱を1つ減らして高さを調節することをおすすめします。
特に冬場などの乾燥した環境や、エアコンの風があたるような場所で育てる場合は、フタをするなど、湿度を確保してください。

セットイメージ

水草の根が常に水に浸かっているように水位を維持してください。

水位

▼製品の仕様

品名 セット内容 本体重量

水草の島

プレート×1、支柱×4、土台×1

280(g)

各パーツ/品名 サイズ(幅、奥行き、高さ)の目安 材質

プレート

120×120×28(mm)
網目 2.5×2.5(mm)

PP

支柱

36×36×48(mm)
(高さは、はめ込み部分を除く)

ABS

土台

75×75×30(mm)

ABS・鉄


高さイメージ
(左から、支柱1本使用、2本使用、3本使用、4本使用)

組み立て時は、それぞれのパーツ同士を奥までしっかりとはめ込んでください。

水草は付属していません。

製品の価格

製品画像 製品名 本体価格(税抜価格)
水草の島 水草の島

\1,250